一軒家

国分建設が建てるこだわりの注文住宅|住みやすい新築一戸建て

住みやすさを決定する要因

部屋

建てた家の住み心地を変える要因といえば、家の間取りが挙げられます。注文住宅を建てる前にきちんと間取りのバランスを決めておかないと、狭く住み心地の悪い家となるでしょう。注文住宅では、注文を行なうこちらが間取りなどの家の設計にも意見を出すことができます。多くの家庭では、くつろぐ目的のリビングを広くし、申し訳程度のスペースに子供部屋や倉庫を割り当てます。リビングの範囲を広く取り過ぎてしまったために、他の部屋を圧迫してしまい住み心地が悪くなってしまうことはよくあるのです。子供が大きくなることを考慮していない子供部屋は、子供の成長に連れて問題が表面化してきます。軽視されがちな倉庫のスペースも、季節によって使う家電製品や知人からの贈り物、旅行のおみやげなどをたくさん詰めてしまうため、スペースの狭さが問題となる場合もあるのです。注文住宅を建てるなら、自分たちの意見ばかりではなく、家を建設するハウスメーカーや工務店の人からの意見も聞きましょう。プロの意見から住みやすい間取りのバランスがわかるので、注文住宅でも失敗することはないでしょう。

注文住宅の間取りを決める際、気をつけたいのが赤ちゃんを寝かせたい場所でしょう。新築の家を建てる家庭の多くは、赤ちゃんが産まれることで新居を得たいとするものです。赤ちゃんを寝かせるベッドルームがキッチンやトイレなどから遠い位置にあると、育児を行なう上で問題となるでしょう。洗濯物を干す場所やキッチンなど、家事を行なう場所に隣接するように間取りを設定することで、育児も負担なく行なえるようになります。